酵素は身体で作る量が年々低下するから摂取することがおすすめ

子供のころには野菜嫌いでも、健康的で病気もしなかったけど、年を追うにつれて病気をしやすくなってしまった。と思う方もいるのではないでしょうか。

実は、子供のころには自分の体の中で作り出すことが出来る酵素の量が多く、消化や排泄や代謝がスムーズに行えていたものの、年齢を重ねることで作り出せる酵素の量が低下していき、消化や排泄や代謝といった機能がスムーズに行うことが出来なくなり、体の不調が起こりやすくなるためといわれています。酵素はどのような食べ物にも含まれているものの、熱に弱いために加熱をする必要がある食べものから取り入れることが難しくなります。

大人になっても野菜や果物などが苦手という方は、生野菜や生の果物から酵素を取り入れる機会が少なく、さらに体で作り出すことができる酵素の量も低下してしまっているため、生命維持のための活動がスムーズに行われなくなり、不調が起こってきます。積極的に野菜や果物を食べることがおすすめですが、それでも体で作れる酵素が減少する量を補うことが難しいため、サプリなどを活用して積極的に酵素を摂取することがおすすめとなります。酵素摂取によって代謝がアップすれば、ダイエット効果も期待できます。